たけだ美術

常設展 アメリカ現代美術
Gallery Collection -American Contemporary-

2013.12.2 - 12.27

11:00-18:00 (日祝休)

2013年冬、たけだ美術では今年最後の常設展としてアメリカ現代美術をご紹介致します。

アンディ・ウォーホル、ロバート・ラウシェンバーグ、ロイ・リキテンシュタイン、

そしてそこに少なからず影響を与えたヤヨイ・クサマ —

彼らは独自のイメージと表現で、アメリカ現代アート群の軸を成してきました。
ある者は大量消費社会、ある者は異文化コラボレーション、別の者はアメリカンコミック、

またあるいは病的で不気味な反復が、そのソースやキーとなっています。
そのごく一端を、各アーティスト特有のアイコンでお楽しみ頂きたく思います。

Gallery Collection American Contemporary

【Date】2nd Dec.- 27th Dec.

【Time】 11:00-18:00(closed on Sundays)

【Place】Takeda Art Co.+THE SHOWCASE

In winter of 2013, Takeda Art Co. is presenting American contemporary art as the final permanent exhibition for this year.

Andy Warhol, Robert Rauschenberg, Roy Lichtenstein, and Yayoi Kusama who greatly influenced these artists,

have played significant part in the development of American contemporary art in their own ways or images.

The key sources of their creation were mass consumerism, multicultural collaboration, American comics, or morbidly disturbing repetition.

We hope you enjoy the taste of such an artistic movement through the unique icon of each artist.

Back to Exhibition List

Page Top