たけだ美術

グループ展 「ガラパゴス・ファイン4」
Japanese Young Artists’ Exhibition

2014.2.25 火 - 3.20木

11:00-18:00 (日祝休)

出展アーティスト 横川ヨコ 永島千裕 坂本友由 浅岡咲子 大塚亨 戸塚くるみ 関口恵美

グループ展「ガラパゴス・ファイン」も今年で4回目を迎えます。
当企画は、独自に(内向的に)進化し続ける、
ニホン固有のアーティストの紹介を目的としています。
彼らが進化、変遷し続ける為には、同時に独自の生態系を維持し続ける
必要があります。

私共は、各々のアーティストにとって維持装置として存在し、
場を与える事の重要性を改めて認識しております。
いわばガラケーのおけるOSの様な存在かもしれません。
そこが生態系として豊かであるか否かは別として、
冬もあれば春も訪ねる、変化に富んだ環境であるべきと考えております。

こてこてのニホン人である彼らが表現する、made in Japanの作品たち。
その相貌は疑いもなくニホン製。
たとえ、OSが何処でもあろうと独自に成長し続けるのが
ガラパゴス・ファインのアーティストたちです。
そして時には、まるで天然であるかのように変態を遂げる彼らです。
今回もその「固有の進化」をどうぞお楽しみください。

 

MOVIE HERE 

 

Group Exhibition Galápagos Fine 4

Place:Takeda Art Co. & THE SHOWCASE
Date:February 25 /Tue. – March 20 /Thu. 2014
Time:11:00-18:00 (close on Sun.and National holiday)
Participating Artists:yokoyokokawa, Chihiro NAGASHIMA,
Tomoyoshi SAKAMOTO, Sakiko ASAOKA, Toru OOTSUKA,
Kurumi TOTSUKA, Emi SEKIGUCHI

This is the fourth year of the art exhibition of young artists, “Galápagos Fine”.
The exhibition aims to introduce native Japanese artists who continue to evolve in their unique and introvert ways.
For the artists to keep their evolution and changes, it is also necessary to keep the unique ecological system at the same time.
Takeda Art exists as life supporting system for the artists and to provide environment.
We do recognize the importance of our existence, just like an operating system on feature phones which we call ‘Galápagos phones’ in Japan.
Apart from whether the system is rich or not, the system needs to be a diverse environment just like a real world which winter and spring comes and goes.
These artworks are purely ‘made in Japan’ by pure Japanese artists.
These are no doubt Japan-made artworks.
No matter what the OS means for them, the artists of the Galapagos Fine continues to develop in unique ways.
Moreover their development occurs so naturally.
We hope you enjoy their “unique evolution” in this exhibition.

Back to Exhibition List

Page Top