たけだ美術

2013. 9.17 - 11.2

11:00-18:00 (日祝休)

 

草間彌生 ラメコレクション

たけだ美術では、草間彌生版画展を開催しています。
1980年代の具象テーマの版画をメインに、立体・キャンバス作品を含めて
約20点の展示です。
今展は、ラメLAME・パールPEARL作品に焦点をあてた企画です。

そもそも草間の版画制作スタートは意外に遅く、ニューヨークから帰国後の’79年です。
’79年に二作品、一年おいて‘81年に一作品といったペースでした。
同時期、ペインティングにおいても具象表現をスタートさせ、
「花」「帽子」「ぶどう」「南瓜」など、ドットとネットのみのストイックな作風から大展開します。

そして、’85年「Flower」から、ラメの版画作品が始まります。
1980年代から2010年の30数年間、単色のぶどうシリーズから極彩色の花シリーズまで繰り返されるラメの手法。
そのひとつひとつの粒が、小さな水玉Dotsの最小単位のようであり、キャンバス作品のパール色の粒は、浮かんでは消える光の粒子を思わせます。

深く沈んだ単色の「死」のイメージ。
強烈な色彩によるデコラティブな「生」のイメージ。
冥界と俗世を繰り返し往き来する、交錯した世界観の一端を展示いたします。

「永遠の少女」がこよなく愛するであろうキラキラで可愛らしい画面からは想像できない、草間の深層心理がそこにあります。
秋の夜長、ご覧になった方が、それぞれに思いを馳せていただけますよう願っています。

 

 

YAYOI KUSAMA LAME Print Collection

【Date】17th September/wed. – 2nd November/sat.
【Time】 11:00-18:00(closed on Sundays)
【Place】Takeda Art Co.+THE SHOWCASE

Takeda Art Co. is holding an exhibition “LAME Print Collection” by Yayoi Kusama.
We present twenty works including LAME sculptures and PEARL paintings, mainly the figurative prints in the 1980’s.

To begin with, Kusama was surprisingly a slow starter to work on her prints after she returned from New York in the mid-1970’s.
She took her time to produce two works in 1979, then after being away from printing for a year, produced another work in 1981.
At the same time, she began to work on figurative expressions in painting.
Thus Kusama drastically progresses in art style, from stoic Nets and Dots to iconic Flower, Hat, Grape, Pumpkin and so on.

In 1985, Flower was the first work that expressed Lame Print.
The LAME style continued for about thirty years from the 1980’s to 2010, from single-colored grape series to multi-colored flower series.
Each particle of LAME seems to be a minimum unit of “Dots” and each particle of PEARL looks like a bit of light which appears and disappears like bubbles.

Death: it is the single-colored image as it sinks down in deep.
Life: it is the strong multi-colored image that is decorative.

This exhibition brings you something from the Kusama’s extremely particular world crossing from this world to another.
Such depth of psychology exists on her works.
It is hard to imagine the gap in the works of sparkly and pretty lame that “everlasting girl” probably loves so much.
We hope the exhibition will capture your imagination in long autumn evening.

 

Back to Exhibition List

Page Top